3つのロゴ

New Zealand Made

厳選されたケミカルフリーの成分を使用し、ここニュージーランド(オークランド)にあるレッドシールの工場で作っています。
Aotearoa(アオテアロア)とは、マオリ語でニュージーランドを意味します。

 
 

Nuclear free country

クリーンでピュアなイメージのニュージーランド。レッドシール商品には‘核を所有していない国’というロゴがついています。
ニュージーランドは原子力発電所を所有しない数少ない先進国のひとつです。もちろん、過去には今後の国が必要とする電力を得るために原子力発電を積極的に考えていた時期もあります。しかしながら1987年にニュージーランド非核地帯・武装解除・軍備管理法(New Zealand Nuclear Free Zone, Disarmament, and Arms Control Act)の制定により核戦争及び核兵器実験反対の姿勢を示し、この姿勢は米軍の原子力潜水艦を頑として寄航させないほど徹底しています。
現在のニュージーランドの電力は水力・火力・地熱・風力で賄っています。
 

参考:Nuclear Energy Prospects in New Zealand, World Nuclear Association, July 2010 
 

 

No animal testing or ingredients

ニュージーランドの動物愛護は世界水準であり、動物愛護に関して関心が高い国のひとつです。
1990年代後半から世界的に動物実験に対する市民運動が高まり、ニュージーランドでは1999年に動物福祉法が改正されました。(日本では実験動物の福祉と適正化を目的とした動物愛護法が2006年施行)
近年、世界的にみても感心が高く、動物実験のAAALAC(国際実験動物管理公認協会<非営利団体>)の指針に基づく企業・大学・研究室は現在800以上あります。
 

参考:Animal Welfare, MAF New Zealand    AAALAC International 
 
 

  

Leave a Reply